弊社では、客観的でビジュアライズされたデータがスピーディにしかも、リーズナブルな金額で手元にご用意することができます。
 創業時に、金利が低く、融資にたどり着きやすい金融機関として、日本政策金融公庫や都道府県の制度融資がありますが、資金調達するためには、事業計画などの提出する資料が必要になります。
 弊社は、お客様に個別でカウンセリングし、資金調達が実行し易くし、希望の融資額に近づけるための資料を作成いたします。
※条件が適用すれば、融資が実行されます。内容によってはこの限りではありませんのでご了承ください。まずはご相談ください。

 法人も個人も、税務申告や経営状態の把握のためには日々帳簿をつける必要があります。
 その帳簿の作成中に専門的な知識を必要とする処理が出てきたら、元々帳簿をつけたくないのに余計に帳簿をつけたがらなくなるでしょう。そういった煩わしさを解消するのが記帳代行によるサービスです。

 一般的に法人でないと「取引が難しい」とか「信用面で不安だ」等よく耳にしますが、実際は個人事業の方が良いのか、会社にした方が良いのか迷われたりすることがあるのではないしょうか。
ある程度の所得金額が継続していくのなら、間違いなく法人の方が税金等で有利になると言えます。

 現在の税理士に対して何らかの不満をお持ちの方は、こちらをご覧ください。
 詳細のページを見て該当する項目がある場合は、税理士事務所の変更を真剣にお考え下さい。

 税務調査の手続が、平成25年1月1日以後に新たに納税者に対して開始する税務調査について改正されます。おおむね平成25年1月1日からの手続きについて記載してあります。

コメントは受け付けていません。

税理・会計トピックス
商売のヒント:【「商売の量質転化」は、101段目に訪れる!】 /2017.11.08
商売のヒント:【「こだわり」に「傲慢」が潜みはじめていませんか?】 /2017.11.02
商売のヒント:【「当たり前」をあらためて考える】 /2017.10.23
商売のヒント:【ウサギが負けたその理由】 /2017.10.16
商売のヒント:【「円」より「縁」を大事にする】 /2017.10.11