カテゴリー別アーカイブ: 商売のヒント

商売のヒント:【今日は何をしましたか?】

ある女性フィットネスインストラクターにヨガを習うと、たとえ初心者でも上手にヨガのポーズができている気になるそうです。体調不良の人が彼女のレッスンを受けると、なぜか「今日は調子がいい」と思えてくるとか。彼女が特別な技能を持 … 続きを読む

商売のヒント:【先人の商売魂に学べ!】

全世界で2000万部以上を売り上げ、いまだに売れ続けている成功哲学の名著『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)に「Win-Win(ウィン・ウィン)」という言葉が出てきます。「Win」とは「勝つ」という意味で、Win … 続きを読む

商売のヒント:【ただ闇雲に数字を追うと飽きてくる】

メタボなお腹を気にしているある男性が、毎日30分のウォーキングを始めました。3週間ほど続けたところで周囲から「痩せたね」と言われるようになり、あと5キロ体重を落とそうと気合いを入れ直した途端、なかなか体重が減らない停滞期 … 続きを読む

商売のヒント:【やり続けるだけの信念はあるか】

「カンヌ国際映画祭」に数年前から「アトリエ」という部門が新設されました。企画段階のシナリオを約15本選び、その監督やプロデューサーをカンヌに招待し、映画祭の期間中に様々な出会いを用意して映画制作のための最高のチャンスを提 … 続きを読む

商売のヒント:【「結果」より「努力」をほめる】

「為せば成る 為さねば成らぬ何事も」で知られた米沢藩主の名君、上杉鷹山(ようざん)は、人を動かす方法を「してみせて、言ってきかせて、させてみよ」と説きました。これをもとにしたと言われるのが山本五十六元帥の名言、「やってみ … 続きを読む

商売のヒント:【周りを楽しませ自分も楽しむ!】

「辛」(つらい)に「一」(いち)を足すと「幸」という字になります。辛くても、あと一歩、もう一歩と前に進もうという気持ちが幸せを呼び込みます。漢字にはもともとの成り立ちや由来がありますが、このように「因数分解」して解釈する … 続きを読む

商売のヒント:【何のためにメモを取るのか?】

今では社長となったAさんは、新入社員を迎えるシーズンになるとサラリーマン時代に経験したある出来事を思い出し、襟を正すそうです。 それは社会人一年生になった年のことでした。商談の帰り道にいきなり先輩から怒られたAさんは慌て … 続きを読む

商売のヒント:【お客様の心に響く農耕型の商売】

商売がうまくいっている人にその秘訣を聞くと、「秘訣は特にありません」といった答えが返ってくることがあります。しかし、そのあと必ずと言っていいほど次のように続きます。「ただお客様を大事にしているだけです」。目先の顧客を次々 … 続きを読む

商売のヒント:【「たまたま」を「必然」にするのは今日からの一歩】

いま豪雨被害が深刻ですが、以前にタイを襲った大洪水も多くの企業に甚大な被害をもたらしました。再開の目途がつかない会社がありました。そんな中、洪水の被害を最小限に抑えて、すぐに操業を再開できた会社があるという話を聞きました … 続きを読む

商売のヒント:【そこに意味はあるのか?】

「やる気が失せる瞬間」というものがあります。時間があればジグソーパズルをやっていたAさんはある日、友人に「それって何の意味があるの?」と訊かれ、その瞬間「もうやめよう」と思ったそうです。自分はジグソーパズルが好きなわけで … 続きを読む