カテゴリー別アーカイブ: 商売のヒント

商売のヒント:【ある若者に学ぶ「真のホスピタリティ」】

「顧客第一主義」をうたう企業は数多く、「ホスピタリティ(おもてなしの心)」という言葉も商売の常套句になりました。しかし、当たり前になってくると本質を見失うのが人間です。大事なのは耳あたりの良い言葉を掲げることではなく実際 … 続きを読む

商売のヒント:【「それ」がものを言う】

いきなりですが質問です。「1億円・良い評判・権力」この中でいちばん「ものを言う」のはどれでしょう。 ある大学で、学生たちに一人の教授の力量を評価してもらう実験が行われました。学生を2つのグループに分け、Aグループには教授 … 続きを読む

商売のヒント:【「商売の量質転化」は、101段目に訪れる!】

発明王のエジソンは、「私が成功した秘訣はたった一つしかない。それは、成功するまでやり続けたからである」と言ったそうです。松下幸之助も似たような名言を遺しています。今はできないことも、できるまでやればできるようになります。 … 続きを読む

商売のヒント:【「こだわり」に「傲慢」が潜みはじめていませんか?】

子どもの頃、「台風一過」を「台風一家」だと思い込み「世の中には台風のようなハチャメチャな家族がいるものだ」と信じて疑わなかったという笑い話を友人から聞いたことがあります。また、美しい人は光り輝くものだから、「美人薄幸」を … 続きを読む

商売のヒント:【「当たり前」をあらためて考える】

「ゆとり、ゆとり」と騒いだ後、今度は「個性、個性」と追い立てるような教育に今の子どもは大変だなぁと同情を覚えます。「ゆとりか個性か」という話ではなく、物事はすべてバランスの問題です。そんな当たり前のことにも気づかなくなっ … 続きを読む

商売のヒント:【ウサギが負けたその理由】

「ウサギのようにぴょんぴょん跳ねて」のたとえをよく耳にします。元気よく飛び跳ねるのはいいけれど、『ウサギとカメ』のお話では競争の途中で居眠りをしたウサギがカメに負けるという結末でした。 「どうしてウサギはカメに負けたと思 … 続きを読む

商売のヒント:【「円」より「縁」を大事にする】

利益が利益を生んでいく商売は理想です。ただしそれは、それなりの前振りがあってのこと。要するに「種まき」というプロセスです。あなたの持っている情報や人脈が顧客の役に立つなら喜んで差し出しましょう。お金にならなくても、多少の … 続きを読む

商売のヒント:【「それ」がものを言う】

いきなりですが質問です。 「1億円・良い評判・権力」この中でいちばん「ものを言う」のはどれでしょう。 ある大学で、学生たちに一人の教授の力量を評価してもらう実験が行われました。学生を2つのグループに分け、Aグループには教 … 続きを読む

商売のヒント:【揺るがない商売のために「コツコツ」の達人】

ちょっと意識を傾けると気づくものですが、世の中には、いろいろな場面で 「三つの“あ”」があるようです。 ある小学校の先生が授業の中で生徒たちに教えているのは 「あいさつ、あんぜん、あとかたづけ」。 ほかの小学校では「あり … 続きを読む

商売のヒント:「美味しい鍋」は社長のさじ加減ひとつ

鍋の美味しい季節になりました。鍋と聞いて俄然張り切るのが「鍋奉行」です。食材、ダシの取り方、具を入れる順番や味付け、火加減、食べるタイミングまで世話を焼き、すべてにひと言モノ申さないと気がすまない性質(タチ)の人を誰が「 … 続きを読む