商売のヒント:【「努力」と「徒労」】

目標に向かって全力を尽くすことを「努力」と言います。その努力が無駄な骨折り損に終わると「徒労」になります。「目標達成」というスタート地点は同じなのに、どこで「努力」が「徒労」に変わってしまうのか。

その答えは「すでにスタート地点から」です。
つまり無駄な骨折りをする人は、努力しているつもりでも、実は最初から徒労だったのです。その原因は目標設定の甘さにあります。
ダメな目標の典型例は
「今月も頑張って売上拡大を目指しましょう!」。ただ闇雲に頑張っても現場は疲労するだけで、たとえ売上が上がったとしても一時的なこと。頑張って結果を出し続けるにはゴールが必要です。

そこで数値というゴールを掲げるわけですが、「目標設定が甘い」とは「数値設定が甘い」とも言い替えられます。「前月対比110%アップ」という目標設定をした場合、「110」という具体的な数値を掲げるのはいいとして、「110」の根拠は何か。先月の売上目標に対する達成率が90%だったから、未達成の10%を今月で挽回する。それもひとつの「根拠」かもしれませんが、根拠は明確でなければ意味がありません。
明確な根拠とは、目標達成をイメージできるかどうかです。前月対比
110%アップを達成するイメージができれば、達成に向けた行動が具体化します。その行動を「努力」と呼びます。
しかし、最初から達成のイメージが持てない行動であれば、スタート地点から「徒労」する羽目になってしまうのです。努力が徒労に終わらないためには、目標設定の段階で次の3つを抑えておくべきだろうと思います。
(1)具体的な数値
(2)数値に対する明確な根拠
(3)数値を達成するイメージが持てるかどうか

「無駄な努力などない」と言いますが、そもそも今の行動が「努力」かどうか、まずはそこから考えてみる必要がありそうですね。

 

コメントは受け付けていません。